夏に太る理由は冷えが原因?バテないように対策して元気に乗り切ろう!

夏のダイエット

夏は暑くて食欲が落ちると良く聞きますね。

食欲が落ちてるからダイエットにもいいか、なんて考えていませんか?

でも、冷たくてあっさりした食べ物を食べてるのに太った!そんな経験をした人は多いはず。

暑くて冷たい食べ物を食べるのは仕方のない事です。しかし、身体を冷やすことが実は、体重が増える原因かもしれません。

しっかり夏バテ対策をしつつ、夏太りの理由を知ってを防ぎましょう!

食欲も落ちてあっさりした食べ物ばかりなのに夏太りする理由

普通は食欲が落ちて脂っこいものを食べなくなるなら痩せるのでは?と思ってしまいます。

しかし、それが気の緩みなんです!

夏太りする理由は食べ過ぎではなく、身体を冷やすことです。

身体が冷えると太るのは何故

夏なので冷たい飲み物や食べ物を頻繁に摂取しますよね。

冷たい物の摂りすぎで内蔵が冷えてしまいます。

ちなみにジュースを飲み過ぎる人なんかは糖分の摂りすぎで太っているとも考えられますが、糖分を全然摂ってない人は内蔵の冷やし過ぎが原因です。

人の体は気温と体温の差でエネルギーを消費しようと働きます。

夏の場合は気温が体温に近いのでエネルギー燃焼が必要ないと体が判断する為、エネルギーの燃焼や基礎代謝は増えません。

脂肪を燃やす力が体温調節に一役かっているため、体温を上げる必要のない夏は脂肪を燃やす働きが低くなっています。

身体が冷えると脂肪燃焼をさせることはできます。しかし、常に体を冷やしていると基礎代謝が下がって脂肪を体にためる働きがおきます。

内蔵が冷えたことで血液の流れが悪くなり、冷えから体を守るために脂肪がつきやすい体となります。

食欲がないからと食べないのもダメ

「食べなきゃ痩せない」というのも間違いです。

食べなすぎの場合ですが、人の体は飢餓状態になるとエネルギー吸収率が高くなります。そのため、少量の食事をしただけでも普段よりもエネルギーを体にためこもうと働きます。

そうなると食べる量にかかわらず、太りやすい体質になってしまいます。当然、夏バテ防止として高カロリーの食事をしても太る原因になるので気を付けましょう。

汗は脂肪燃焼と関係が無い

汗をかいているから大丈夫と考えてしまいますが、汗はあくまで体温を下げる為に分泌されているので脂肪燃焼にはあまり関係ありません。

汗を沢山かいたからいっぱい食べよう!というのは太る原因となります。

夏太りしない為の対策

規則正しい生活を送ることが一番良いです。

バランスの良い食事と睡眠をとることで代謝も下がらず、夏バテにも効果的です。

食事で気を付けたいこと

夏は麺類やスイカ、アイスクリームなどを食べる事が多くなります。

これらはタンパク質や糖分を多く含んでいて水っぽいので下腹がポッコリする原因となります。

食べてはいけないということではありません。あくまでも食べ過ぎない様に注意しましょう。

特に冷たい飲み物を大量に飲まず、適度な量で抑える様にしてください。

タンパク質や糖分が多いものを摂取しやすい夏はビタミンやミネラルが不足しがちです。

カリウムなら納豆やバナナ、アボカド

ビタミンならニンジンやわかめ、豚バラ、納豆

こういった食べ物を積極的に摂る様に気を付けましょう。

運動をしよう

夏は暑くて動きたくなくなりますよね。他の季節よりも動かなくなることでエネルギー消費量が下がってしまいます。

自然と外出を避けたり、暑さで体力を奪われる夏は運動量が落ちてしまいます。

適度な運動を心がけましょう。外で運動する場合、熱中症の危険もあるので日中は避け、涼しい時間帯にしたりプールなどの夏場にあった運動がおすすめです。

体を冷やし過ぎない

部屋や車でエアコンを使って常に冷えた場所にいると夏バテや夏太りの原因となります。

水分補給は常温の飲み物にするなど、体温調節に気を付けましょう。

冷房が効いてる場所ではカーディガンを羽織るなど、風が肌に当たらないようにすると体温をキープできます。

お風呂でも半身浴にするなど、しっかり浸かることで体の冷えや自律神経の乱れも収まります。