内蔵脂肪を大豆とお酢で減らす方法!メタボ対策にも効果的

お酢と大豆でダイエット

内蔵脂肪は生活習慣病の原因の一つとしても知られていますね。

それだけではなく、ポッコリお腹やメタボの原因でもあります。

内蔵周りに付くことから気を付けないといつのまにか増えてしまいます。

この内蔵脂肪を減らす働きが、「お酢」や「大豆」にあるって知っていますか?

ダイエット目的にも健康のため、日頃の食事に取り入れて効果的な対策をしていきましょう!

内蔵脂肪は落としやすい

内蔵脂肪は付きやすく落としやすい特徴があります。

内蔵回りというのは代謝が良く、脂肪燃焼がしやすいとされています。

食べ過ぎで太ってしまった人が体重を落としやすいのは内蔵脂肪が原因で太っているからです。

しかし、腸を支えている腸間膜の回りに脂肪が増えすぎてしまうと肝臓の機能が衰えてしまし、内蔵脂肪の燃焼が進まなくなってしまいます。

そうなった時に肝臓機能を回復しくれる効果が高い素材がお酢大豆です。

肝臓機能を高めて効率的に内蔵脂肪を落とす

内蔵脂肪が内蔵回りに付くというのは知られていますが、内蔵を覆っている大網、腸を支える腸間膜に蓄積されます。

腸間膜を走る血管が肝臓に酸素や栄養を運ぶ役割を持っています。その為、腸間膜に脂肪がビッシリ蓄積してしまうと肝臓などの臓器周りに蓄積されていき、内蔵脂肪型の肥満となってしまいます。

内蔵脂肪は腸から肝臓へ繋がっている血管の通り道にもたまるため、肝臓の機能が衰える原因になってしまいます。

その結果として、生活習慣病を引き起こしたり、代謝がいい内蔵周りなのに脂肪燃焼が難しくなっていきます。

こうなると単純に運動をしても効率的に脂肪を落とすのは難しくなります。

その為にお酢と大豆を摂取して肝臓機能を向上させることで効率的に体重を落とせるとされています。

お酢と大豆がダイエットに効く理由

お酢と大豆が体にいい健康食というのは知っていると思います。

では、何故健康にいいのかご存知でしょうか。

大豆で肝臓機能の回復

大豆にはアルギニンと言われるアミノ酸を豊富に持っています。

アルギニンは肥満改善やメタボの予防に効果的と言われています。

その為、生活習慣病が引き起こす糖尿病や脳梗塞、高血圧などの改善にも有効と言われています。

アルギニンは血管で一酸化窒素を生成する働きがあり、一酸化窒素は血管を弛緩させ動脈を拡張して血流量を増やし、血管内を掃除する働きがあります。

その結果、肝臓機能を回復させる効果があります。

お酢で肝臓を活性化させて脂肪燃焼

お酢にはクエン酸サイクルといった体にたまった疲労物質や余分な脂肪を燃焼させる働きがあります。

クエン酸サイクルは体に十分なクエン酸があることで働きます。クエン酸などの栄養が不足してしまうとクエン酸サイクルがうまく働かずに疲れやすくなったり中性脂肪がたまりやすくなってしまいます。

また、必須アミノ酸のなかでも脂肪を燃焼させる働きを持つアルギニンやリジン、プロリン、アラニンを豊富に含んでいるため脂肪燃焼効果が高いとされています。

特にお酢の中でも黒酢やもろ酢には多くのアミノ酸が含まれています。

ダイエット効果を上げる摂り方

まず、お酢と大豆は同時に摂らないようにしましょう。

お酢の酢酸には大豆たんぱくを固める効果があり、大豆の成分がしっかり吸収されにくくなります。

お酢の効果的な飲み方

お酢は一日に2回15~30ml程度(大匙2杯)を食事の後に飲むだけです。とても簡単ですね。

食後をおすすめする理由としては、お酢は食欲を増進させる効果がある為、食前に飲んでしまうと食事の量が増えてしまう可能性があります。

食事量が増えてはダイエットとして効果的とは言いにくいですよね。

また、お酢はアミノ酸が多く含まれている黒酢やもろ酢を使うのがダイエットに向いています。

お酢が苦手な人は見ずで5倍程度に薄めて飲んだりと工夫して飲みやすいようすると良いです。

大豆の効果的な食べ方

大豆は1日に納豆で3パック、お豆腐で1丁、煮豆で150g程度が目安です。

大豆の栄養を得るには蒸すのがおすすめです。

大豆は蒸す以外の調理方法では食物繊維やビタミンなどの栄養素が水に溶けたりする可能性があります。

蒸すことで栄養が逃げずにしっかり摂取できます。

とはいえ、納豆やお豆腐でも特に問題はありません。十分栄養は取れます。

大豆は美味しい食べ物ですが、食べ過ぎには注意しましょう。ダイエットに向いている食材とはいえカロリーが無いわけではありません。

物足りないと感じるようならゆっくり噛むようにしましょう。そうすることで満腹感が増えるはずです。

更に効果を上げるには

お酢と大豆を効果的に取り入れ、更に内蔵脂肪を落とすためには有酸素運動を行いましょう。

お酢と大豆で肝臓を活性化させることで脂肪燃焼効果が高くなるので、運動をすることでさらにダイエット効果が上昇します。

軽めのウォーキングで十分です1週間に3回、20分程です。

時間が取れなければ通勤や通学時を意識して歩くようにするなど、ちょっとした工夫を取り入れる事で効果的なダイエットが出来ます。

色々な工夫を取り入れて健康的なダイエットを実践してください。