塩レモンの作り方と食べ方は?ダイエットやむくみ解消にも効果あり!

塩レモン

レモンの砂糖漬けは良く聞きますけど、塩レモンってあまり耳にしませんでした。

そんな塩レモンにはダイエットやむくみ解消にも効果があるとか!

この記事では、塩レモンの作り方や食べ方などを紹介していきます。

塩レモンがダイエットに効く理由

レモンにはクエン酸やビタミンC、リモネンが多く含まれています。これらが健康にもダイエットにも効果的な栄養です。

塩レモンによる効果は以下の通りです。

1.クエン酸が糖質の代謝を活発にしてくれて、効率的にエネルギーとして変換される

2.レモンの酸っぱさや塩味が唾液の分泌を促してくれるので、消化酵素が糖質を分解して消化しやすくなる

3.リモネンはリラックス効果がある為、やけ食いや食べ過ぎ、早食いの防止

4.塩分の摂取量を少なくできるのでむくみ解消や予防にも効果的

塩レモンの作り方・材料

塩レモンの材料

・レモン:3つ
・塩:約50g
・容器

皮ごと食べるので、レモンは無農薬か低農薬のものにしましょう。基本的に国産のレモンを使うようにしてください。

アメリカから輸入されるレモンは鮮度を保つためにワックスに枯葉剤を混ぜたりしている場合もあるようです。

これは水洗いで完全に落とすのは難しく、体にもよくないためおすすめしません。

また、塩は天然塩、容器の蓋は金属でないものが望ましいです。

塩レモンの作り方

1.レモンを良く洗って水気をしっかり拭きます

2.両端のヘタを切り落として縦に半分で切り、大体8等分ほどにします

3.殺菌済みの容器へレモンと塩を交互に入れます

4.冷暗所、夏は冷蔵庫に置いて1日に一回瓶を逆さまにして軽く振ります。

完成は1ヶ月とちょっと長いです。面倒だと感じる方はお店で探して購入しましょう。

ちょっと酸味が強いですが、一応1週間程で食べても大丈夫です。

賞味期限は3ヶ月程となっています。使い切るまでは2日に1回ほど瓶を揺すりましょう。

2~3日でレモンから出た水分が瓶の8割ほどになるかと思います。もしならなければレモン汁か塩水を瓶の9割ほどになるように注ぎましょう。

また、完成した塩レモンは変色していますが、腐ったわけでもないので大丈夫です。(もし腐った場合は匂いで分かると思います)

塩レモンの食べ方・使い方

ダイエットやむくみに効果的な塩レモンですが、実は色々な料理に使われています。

ダイエットやむくみ解消の為に使う場合、そのまま塩レモンを食べるのではなく、普段の料理で塩を使う時に変わりの調味料として使用しましょう。

魚介類やお肉に使えば臭みを抑えて身が柔らかくなり、味付けも塩レモンを使うだけで十分美味しくなります。

余計な味付けをしなければそれだけ減塩になりますね。

他にもサラダにドレッシング代わりとして使ってもOKです。

ほとんどの料理に使うことができるので、使い道に困らないで美味しく食べる事ができるのは嬉しいですね。

塩レモンダイエットの注意点

ダイエットとして塩レモンを始めたけど痩せない!と嘆いている方は食事に気を付けましょう。

塩レモンは食べただけで痩せれるものではなく、脂肪燃焼しやすい状態になるといったものです。

エネルギー消費よりも吸収する分が多ければ当然痩せずに太ってしまいます。

塩レモンを食べる事で脂肪燃焼を良くして適度な運動をすることで効率的に痩せることができるでしょう。

消費と吸収のバランスを考える事が大切です。