肌荒れを引き起こす原因は栄養不足!ダイエットしながら綺麗な肌を作ろう

肌荒れの原因

ダイエットをすると肌荒れになることがあると思います。

せっかく綺麗になる為に行ったダイエットで肌荒れになっては勿体無い!

ダイエットしながら綺麗な肌を作りましょう。

この記事では、ダイエットをすることによる肌荒れの原因について紹介しています。

ダイエットで肌荒れになる原因

主な原因は栄養不足です。

食事制限ダイエットを行う方は特に気を付けたいですね。

適当に食事制限をするとビタミンやタンパク質不足となり、肌荒れの原因となります。

ビタミン不足

肌の乾燥、肌荒れから守ってくれるビタミンAやアンチエイジング効果に期待できるビタミンE、コラーゲンの生成を補助するビタミンCといった栄養は「美肌ビタミン」として有名です。

これらのビタミンは緑黄色野菜や果物に多く含まれていますが、カロリーを気にして避ける人も多く、寒天置き換えダイエット等では栄養は不足しがちです。

他にも8種類からなるビタミンB群も不足すると肌荒れの原因となってしまいます。

ビタミンB群は糖質や脂質、タンパク質の代謝上昇といったようにダイエット効果にも期待できます。

ニキビや肌荒れ防止にも効果が高く、お互いが補助し合って更に効果を期待できます。しかし、一度の食事で大量に摂取しても体外へ排出されることに気を付けてください。

3食に分けてバランスよく摂取することが大切です。

タンパク質不足

ダイエット中は避けてしまいがちなお肉ですが、代わりにタンパク質を摂取できる食事を心がけましょう。

タンパク質は人の体や肌を作る為に必要な栄養です。人の体は実に約20%がタンパク質で出来ています。

タンパク質は20種類のアミノ酸によって構成され、皮膚や髪の毛、爪、内蔵、筋肉など、体の大部分がタンパク質でできています。

また、ホルモンや神経系を正常に働かせる為に必要で、不足すると肌荒れ以外にも多くの問題を引き起こす可能性があります。

タンパク質不足が肌に与える影響としては、肌のハリやツヤが、肌を老化させてたるみやすくなり、免疫力の低下により内蔵が悪くなり顔のむきみ、肌荒れを引き起こします。

肉や魚、大豆をバランスよく摂取することが大切です。

脂質不足

油分を避ければカロリーを減らせるといった考えから、ダイエット中に最も避けてしまう脂質。

脂質は決して体に悪いものではありません。肌を内側からしっとりさてなめらかさを出してくれる栄養です。脂質が不足していると乾燥肌の原因となり、乾燥した肌はバリア機能を失い、肌荒れを引き起こします。

摂取しすぎて悪影響を及ぼす脂質は動物性の脂質、つまりお肉の油です。体にいい脂質は植物性の脂質で、オリーブオイルやアーモンドオイルといった植物から取れる脂質です。他にも魚から摂取できる脂質も体にいい脂質です。

脂質だからといって避けるのではなく、体にいい脂質か悪い脂質かを見極めて避ける様にしましょう。

肌に悪い影響を出しやすい動物性の脂質ですが、お肉には良質なタンパク質が含まれています。脂身の少ないお肉を摂取するのも大切です。脂身の少ないお肉を植物性の油で調理するといった工夫をするとタンパク質と脂質も上手に摂れて一石二鳥です。

ストレス

ダイエットに付きものと言えるストレスも肌荒れの原因となります。普段より無理をするのですから当然ストレスがあります。

ストレスをためることでホルモンへ悪影響を及ぼし、肌荒れや体の不調となります。ダイエットの基本は「食べながら痩せる」ですから無理せず自分に合ったダイエット方法を行う事が大切です。

睡眠不足

食事制限を行うダイエットでは夜にお腹が空いて寝れなくなったり、目が覚めてしまう事が理由ですね。

睡眠中の「成長ホルモン」の分泌は美しい肌を維持する為には欠かせません。その為、良質な睡眠が取れなければ肌荒れやニキビの原因となります。

食事制限を行う人は良質な睡眠を得るためにも腹持ちがいい食べ物を摂るといった工夫をしてしっかり睡眠を取りましょう。

便秘

ダイエット中は食物繊維や水分が不足し、栄養のバランスが偏ってしまう事が原因で便秘となります。

本来は体外へ排出されるべき老廃物ですが、これが体内に残っていると老廃物が血液に溶けて汗や皮脂として体外へ排出されます。

汗や皮脂から老廃物を排出されるようになると、皮膚が通常行う代謝が出来なくなり、肌荒れの原因となります。