綿棒で角栓除去!肌に優しくてしっかり綺麗に取れるおすすめの方法!

角栓の取り方

角栓のお手入れって大変ですよね。

ついつい無理やり引き抜いてしまったりと、分かっているけど肌に良くないケア方法で済ませてしまう人もいるのではないでしょうか。

人目に触れる顔ですから、もっと優しくケアしたいですよね。

そんな時にぴったりなのが、綿棒を使った角栓除去です。

綿棒で優しくしっかり綺麗に角栓除去する方法を紹介していきます!

綿棒を使うことでお肌に優しい!

鼻パックやピンセットなどを使うと皮膚に刺激があり、負担が掛かりやすいので肌トラブルの原因にも・・

綿棒で優しく角栓を除去することで肌への余計な刺激が少なく済みます。

綿棒で角栓が取れるワケ!

綿棒のみで角栓を取るわけではありません。

綿棒+オイルを使用します。

角栓を除去するにはただ引き抜くのではなく、毛穴を広げて溶かしつつ除去していくことで、肌に余計な刺激もなくて綺麗に取れます。

イメージとしては引き抜くのではなくて毛穴の汚れがオイルに反応して溶けだしてくるといった感じです。

勿論、オイルを塗っただけでは溶けだしてはこないので、そこで綿棒を使って優しく毛穴から出してあげるのです。

綿棒で角栓除去する方法

毛穴に詰まった古い角栓や皮脂は中々取れにくいですよね。固まってしまったものなど特に。

綿棒で角栓を除去する方法では一緒にオイルを使います。

綿棒にしっかり染み込ませたオイルが皮脂や角栓を溶かすことで驚くほど取れてしまいます。

綿棒を使った角栓除去をする前にしっかりと準備をしましょう。

毛穴を広げる

少々お値段が掛かりますが、スチーマーを使うと楽チン!

スチーマーが無くても蒸しタオルでも大丈夫です。

スチーマーや蒸しタオルを使う理由は毛穴を開かせることです。

適度な熱により、皮下組織の血流を促して肌の代謝を高める効果があります。

また、蒸気となった水分と熱が肌に行き渡り毛穴が開きます。

これだけで毛穴に詰まった汚れや皮脂を取り除きやすくなります。

綿棒にオイルを染み込ませよう

オイルは不純物が入っていないオーガニックオイルやエキストラバージンオイルといった質の良い物を使うようにしましょう。

不純物の多いオイルでは余計に毛穴を汚してしまう恐れがあります。

綿棒はオイルに一度潜らせれば十分染み込みます。

綿棒で優しくマッサージ

綿棒は横に倒して角栓を除去したい部分で回しながら撫でるようにマッサージします。

綿棒は吸収力も高いので滑りが良くない場合があります。そんな時は皮膚に直接オイルを塗って滑りを良くするのもいいですよ。

ちょっと頑固な角栓は横から綿棒で押すようにしたり、綿棒を2つ使って挟んで押してみると綺麗に取れます。

角栓のケアが終わったら洗顔をしっかり!

オイルが残ったままではお肌に良くありません。

2度洗いしても大丈夫ですから、しっかりオイルは落としましょう。

最後に冷たい水で洗うことで毛穴が引き締まります。

角栓を取って毛穴が引き締まることで、その後も毛穴に汚れが入るのを防ぐことができます。

保湿しよう

綺麗なタオルでしっかり水分を取りましょう。

まずは収れん化粧水を使って毛穴を更に引き締めましょう。

その後は保湿化粧水や美容液を使ってケアをします。

オイルは自分に合ったものを使おう

上でも紹介しましたが、なるべく不純物が入っていないオイルを使用してください。

肌を柔らかくしてくれるセラミドを含んだものがおすすめです。

他にもマカダミアナッツオイルなどですね。

オイルは人によって合わないものがあります。自分に合ったオイルを使うようにしましょう。