アイスクリームはカロリーが高いから太る?実はダイエットに効果的!

アイスクリームダイエット

カロリーが高くてダイエットの敵だと思われている「アイスクリーム」

ダイエッターの皆さんもアイスを食べたいけど太るから我慢しなきゃ・・と言う人も多いですよね。

確かに、カロリーは決して低くありませんし、体を冷やしてしまうからダメというのも良く聞きますね。

しかし、そんなアイスも選び方や食べ方のコツを知ることでダイエット中に食べても大丈夫なんです。

今回はアイスを食べてダイエットする効果的な方法を紹介していきます。

アイスを食べて脂肪分を摂取する

ダイエットしたいのに脂肪分を摂取するの?と疑問に思いますよね。

人間の体は最低でも1日に55gの脂肪分を摂取しないと健康を維持するのが難しいと言われています。

脂肪分を避け過ぎていると不足した分を補おうと普段の食事から栄養分をためこむようになります。

そうなってしまっては太りやすい体質になり、ダイエッター的には最悪な展開になってしまいます。

ダイエットしてるのに痩せない!という人はこういったことが原因の一つですね。

そうならない為に、高脂肪アイスクリームがうってつけなのですよ。

少量の高脂肪アイスクリームを食べる事で必要な脂肪分を簡単に摂取できます。

また、高脂肪アイスは甘さもあり、普段甘い物を避けている方には特に有り難い食品となります。

アイスクリームがダイエットに効果的な理由

経験豊富なダイエッターなら夏より冬の方がダイエットに効果的だと耳にしたことがあると思います。

体が冷えることで温めようとエネルギーを消費する為、脂肪を燃焼しやすい状態になるからです。

冷たいアイスはこういった働きも促すことがダイエットに効果的な理由の一つとなっています。冷たいアイスを食べることで基礎代謝がアップするということです。

一般的に太ると言われるアイスですが、他のお菓子に比べると乳脂肪と糖分だけのアイスクリームは血糖値の上昇が穏やかです。

アイスに含まれる乳脂肪が太りにくい理由だった

乳脂肪にはすぐにエネルギーに変わるものと脂肪として蓄積されるものの2種類があります。

アイスに含まれる乳脂肪は、食べるとすぐにエネルギーに変わりやすい性質を持っています。

食べてすぐにエネルギーへと変わる乳脂肪のアイスは体内へ蓄積されずに食べても太りにくいのです。

アイスに含まれる乳糖には体重や内蔵脂肪、皮下脂肪の増加を抑える効果もあり、バニラには体重が減る効果があると言われています。

低脂肪は満足感を得られにくいけど低カロリーで、乳脂肪は満足感を得られるけど高カロリーとなっています。

高カロリーとはいえ、食べてすぐにエネルギーに変わる乳脂肪の方がダイエットに向いているとされています。

カルシウムが多く含まれている

高脂肪アイスにはカルシウムやビタミンなど、栄養分も多く含まれているので栄養不足になりがちなダイエットにも適した食べ物とされています。

ダイエット中は色々なものを我慢している為、カルシウムを摂取することでストレスを軽減してくれます。ストレスを軽減することで、暴飲暴食などの防止に繋がり、リバウンドを防ぐ効果に期待できます。

栄養価が高いから満足感を得やすい

脂肪分は満腹感を得やすい効果があります。ダイエット中は制限していて空腹感に負けて失敗する。こんなループを経験した人も多いはずです。

その点、アイスダイエットでは高脂肪を摂取するので栄養価も高くて空腹感を感じにくくなります。

高脂肪アイスは少量食べるとお腹がいっぱいとはならずとも、もっと沢山食べたい!と感じることは少なくなるでしょう。

また、他のお菓子に比べて糖分は少ないので食事のあとに物足りなくなった時に高脂肪アイスを食べる事で間食も少なく済みます。

ダイエット中に甘いものを食べてもエネルギーとしてすぐに消費され、満足感も得やすいアイスダイエットはダイエッターには心強い味方となってくれます。

当然、食べ過ぎは悪影響になるのでダメですよ。

アイスの選び方

アイスといっても種類は様々で、主な種類は以下の通りです。

・アイスクリーム
・アイスミルク
・ラクトアイス
・氷菓

アイスを選ぶ際、「アイスクリーム」表記で乳脂肪分が12%以上の物を選ぶようにしましょう。

脂肪分が少ないアイスはその分美味しくしようと砂糖などの糖分を多く使われているからです。

中でも高脂肪アイスクリームのバニラアイスがおすすめです。

アイスミルクやラクトアイスは植物性脂肪が多く使われていることもあり、糖分が多い傾向にあります。

氷菓系のアイスはカロリーは低いですが、脂肪分が少なくて満足感を得にくいため、アイスクリームダイエットとしては向いていません。

また、低脂肪アイスはダイエット中に手を出しやすいものですが、乳脂肪分も少なくて食べた後に満足感が低くて物足りなくなり、もっと甘いものが欲しくなることがあります。

我慢できれば問題ないですが、ストレスが溜まることを考えるとあまりおすすめできません。

カロリーを低くしたいのは最もですが、満足感を得られなければ量が増えてしまう危険があるので気を付けましょう。

アイスクリームがダイエットに効果的とはいえ、カロリーは高めですから量は少なく済ませてくださいね。

太らないアイスクリームの食べ方

食べる時間はおやつの時間の15時~18時がおすすめです。1日の中でももっとも体温が高く、代謝がいい時間帯です。

逆に22時以降、寝る前に食べるのはやめましょう。

また、朝食の代わりに置き換えるのも有効です。栄養価のあるアイスクリームを朝食代わりに食べる事で頭もスッキリして代謝も上げる事ができます。

アイスを食べる量は基本的に2日に1回、120g程度にしておきましょう。どうしても毎日食べたいなら量を半分に減らしてください。

食べ方としては小さいスプーンで少しずつ食べる事で満腹感もアップします。一緒に温かい飲み物(ノンカロリー)も飲むことで満腹感が上がって代謝も上げやすくなります。

内蔵が急に冷えると消化器官の機能が低下して下痢や食欲が落ちたりするので気を付けてくださいね。