3種類の酵素がダイエットに効果的な理由!消化を助けて代謝に回そう

酵素

今では広く認知されている「酵素」

酵素ダイエットも流行っていますが、酵素にも種類があります。

各酵素の特徴を意識することで、もっとダイエットを効果的に行う事ができます。

酵素とは

ダイエットに良いとだけしか知ってない方も多いのではないでしょうか。

酵素とは何か?というと、タンパク質の1種です。

人の体の中に存在する「消化酵素」と「代謝酵素」、自然界の植物に存在する「食物酵素」の3種類に分けられています。

体内には3000種類以上もの酵素があると言われています。この酵素は生物が生命活動を維持する為に欠かせない働きをもっています。

しかし、現代社会では食生活の変化によって酵素不足になりやすくなっています。また、年齢を重ねるにつれて体内の酵素も減ってしまいます。

その為、酵素を補うために酵素を使ったダイエット、健康食品が増えてきています。

3種類の酵素

それぞれの特徴をしってダイエットに活かしていきましょう。

消化酵素

その名の通り、消化に使われる酵素です。消化される栄養によって炭水化物分解酵素・タンパク質分解酵素・脂肪分解酵素に分けられます。

食物の消化吸収に不可欠で栄養素をエネルギーとなるように分解してくれます。

消化酵素が活発になる場合は消化に時間がかかる食べ物を食べた時です。普段からそのような食生活をしている人は痩せる為に必要な代謝酵素の出番がこない。

消化酵素はあくまで、食べた物を体が吸収できるエネルギー源としてくれるものです。

代謝酵素

消化酵素によって消化・吸収された栄養をエネルギーに変換させ、体内に巡らせて代謝してくれる酵素です。

代謝酵素により基礎代謝が上がり、老廃物の排出や腸内の働きを活発にしてくれます。

代謝酵素が活発になれば、代謝が良くなるので自然と痩せる事ができます。痩せる為に必要な酵素といえますね。

食物酵素

自然界の食物に存在する酵素で、体内に存在する酵素を助けてくれます。

食物酵素は大根やキウイ、バナナ、納豆などに多く含まれています。

消化酵素が重要視される理由

消化酵素には食事をして摂取する食物酵素と体内に存在する体内酵素(潜在酵素)があります。

食べたものに消化酵素が含まれていなければ、体内酵素が使われることになります。

消化して体内に吸収といったサイクルで行われる為、優先的に消化酵素から使われていきます。体内酵素が消化に多く使われれば代謝に使われる代謝酵素は減少してしまいます。

その結果、基礎代謝がダウンして太りやすくなってしまいます。

では、どうするべきかというと、消化酵素の負担を減らしてあげる事で無駄使いを防ぐことが出来ます。

食物酵素が含まれる食事を摂ることで、消化を助けると体内酵素が消化の働きに力を入れる必要もなくなって代謝に回すことができます。

つまり、「食事に酵素が含まれている」かどうかを意識することが大切になります。

痩せる為に必要な代謝酵素を活発にさせる為に、外から消化酵素を助けるということです。

消化酵素の負担を減らす為に

消化酵素の負担を減らすのは食物酵素だけではありません。

普段からできることでも消化酵素の負担を減らして、代謝酵素を活発にしましょう。

食事は良く噛む

食べ物を細かくすることで消化をしやすくなります。また、噛む事で唾液が多く分泌されます。この唾液には消化酵素であるアミラーゼが含まれている為、消化を促すことができます。

酵素は熱に弱い

酵素は熱に弱いもので、およそ40℃の熱で死んでしまうとされています。コンビニで売られているようなものも殆どが過熱処理されている為、酵素はあまり含まれていません。

酵素は生もの、刺身や果物、野菜に含まれているので意識して食べる様にしましょう。

睡眠不足には気を付けよう

体内酵素は睡眠時に生成されています。その為、睡眠不足は酵素不足へとつながります。また、ストレスとを感じるとセロトニンと呼ばれる消化酵素の働きをよくする物質が減る為、酵素の動きが鈍くなる原因ともなります。

酵素はダイエットだけではなく、健康にも大切

酵素が代謝に働くようになると、体中のエネルギーが正常に発揮されます。

・老廃物を出すデトックス効果
・血液が正常に循環する
・免疫力の上昇
・細胞の新陳代謝作用

等が挙げられます。

代謝によるエネルギーはアンチエイジングなどにも期待できる働きです。酵素を意識した食事の摂り方にすることで、健康的でスリムな体系を作る事ができることでしょう。