本当にダイエットが必要な人の体重は?目指すは美容体重!

ダイエットをする理由

ダイエットが必要な人ってどんな体系でしょうか?

痩せたい、ダイエットしなきゃ!と思っている人の殆どが標準的な体重だったり、痩せ気味ではないでしょうか。

痩せているのに「私って太ってる、デブだ。」と言う人って結構多いですよね。

逆に太っている人は危機管理意識が薄かったり、痩せようと思っていない人も多いです。

そもそも、何をもって太っている、痩せていると判断していますか?

見た目、体重で判断が一般的ですよね。しかし、見た目や体重だけでダイエットしなきゃ!と考えるのはちょっと危険かもしれません。

では、本当にダイエットが必要な人はどのような人でしょうか。

BMIチェックで本当にダイエットが必要か分かる?

肥満度チェックで知られるBMI指数で調べてみましょう。

BMI指数の計算は「BMI=体重kg/(身長m)2で出すことができます。

BMIの基準値は日本人の基準値は男性が22、女性が21とされる方法もありますが、この記事では22で計算しています。

女性の場合は同じ体重でも体脂肪や体内水分が多いことが理由です。

BMI数値22が健康的な標準体重で、18.5以上~25未満の数値が普通の体重とされています。

18.4以下が「低体重」、25以上が「肥満」、35以上が「高度肥満」

標準体重というのは、高血圧や糖尿病、肝障害などによる死亡するリスクが最も低い数値です。

とても健康的な体重ということです。

身長から標準体重を求める場合は「標準体型=身長m×身長m×22」

160cmの標準体重の求め方は「1.6×1.6×22」となります

身長 標準体重 普通体重
145cm 46.3kg 38.9kg~51.8kg
150cm 49.5kg 41.6kg~56.3kg
155cm 52.9kg 44.4kg~60.1kg
160cm 56.3kg 47.4kg~64.0kg
165cm 59.9kg 50.4kg~68.1kg
170cm 63.6kg 53.5kg~72.3kg
175cm 67.4kg 56.7kg~76.6kg
180cm 71.3kg 60.6kg~81.9kg

しかし、女性が求めている体重は違います。

160cmで56.3kgは太っていると感じる方が多いのではないでしょうか。標準的な体重なのにおかしいですよね。

BMI数値を21にしても53.3kgです。これでもまだ、ちょっと太っていると感じる人がいると思います。

女性にとっての標準体重はBMI数値22では太っていると感じる方が多いです。では、女性にとっての理想的な体重とはいくつでしょうか。

女性の場合は標準体重ではなく、美容・モデル体重

女性は標準体重ではなく、美容体重、モデル体重を重要視する傾向にあります。

美容体重とは、BMI指数でも健康に分類されている「18.5」です。

160cmだと47.4kgとなります。この数値なら現実的ですね。

無理のないダイエットで目指せる体重です。

モデル体重とは、BMI指数で「17」です。

160cmだと43.5㎏です。これはかなり細いですね。

女性は数値だけを気にして実際になった時にどうなるかを考えない人が多いです。

このモデル体重はガリガリです。

ダイエットとして目指す体重ではありません。

芸能人やモデルといった見た目を仕事としている人が努力して維持している体型です。一般人が目指す必要は一切ありません。

ダイエットが必要な人の体重

上で紹介した標準体重以上の人にとってダイエットが必要といえます。

しかし、筋肉質ならスタイルが良く見えても体重は重いといった理由から一概には言えません。

単純に体重だけで太ってる、ダイエットが必要!とは決めない方がいいでしょう。

体脂肪率や筋肉量の違いで同じ体重でも太って見える人とスリムに見える人がいます。

体脂肪の比重は約0.9で筋肉は約1.1と、筋肉の方が脂肪より重いのです。

その結果、普段体を動かしてトレーニングをしている人やアスリートの人はBMI指数では「肥満」と結果がでることがあります。

その逆で、体脂肪率が高い人が「やせ形」である、と結果がでることもあります。

BMI指数はそういった所を考えた計算ではないため、あくまで簡単な目安としかなりません。BMIを計算しただけで太ってる、痩せてると判断するのは危険です。

体脂肪率の計算は「体脂肪量(kg)÷体重(kg)×100=体脂肪率(%)」となっています。

しかし、体脂肪量は計算だけでは分かりません

体脂肪率を計れる体重計などを使って計る必要があります。(体脂肪計)

周りにそういった物が無い場合は見た目で判断するのも一つの手となります。

お腹が出ていたり、下半身太りが気になるなど、見た目からもある程度の判断ができます。

適正体脂肪率は以下の通りになります。

痩せ気味 ~19%
適正 20~24.9%
軽い肥満 25~29.9%
肥満 30%~

ダイエットが必要な人とは、体重から決めるのではなく体脂肪率の結果で決めるといいでしょう。

見た目も体重も一つの目安であり、実は健康的な体重なのに知らずにダイエットしなければ!と考えるのは健康面ではちょっと違います。

とはいえ、自分の理想体重の為にダイエットするのは決して悪い事ではありません。要はやりすぎなければいいのです。

まずは自分にとって理想的な体重、体型をしっかり考えてから行動しましょう。

美容体重であれば健康的でありながらスリム体型でもありますからね。

体脂肪率は適正値でBMI指数は21が健康的な体重です。まずはこの数値を目指して健康、体重を無理なく維持できそうなら更に美容体重を目指すようにしましょう。

一気に理想を目指して目標を達成すると、満足してそこで終わってしまう人が多くいます。

目標達成しただけで終わってその後、維持しようとしない・・

そうなるとリバウンドしてしまう可能性があります。

ダイエット後、体重を維持するには

頑張ってダイエットをして体重を減らしても、体重の管理ができずにリバウンドしてしまう人はとても多いです。

ダイエットで痩せて終わりではありません!

ダイエットして痩せた体重・体型を維持しなければ意味がありません。

ダイエット後も規則正しい食事と運動をしましょう。運動を続けると基礎代謝を維持できるようになり、リバウンドしにくい体を作る事ができます。

毎日は無理でもこまめに体を動かすようにして、体重は毎日計るようにしましょう。

もし体重が増えていれば2~3日で戻すようにすることで、リバウンドを防げます。

ダイエットによっては体重を落としたことで筋肉も減る場合があります。そうすると基礎代謝が減少してしまい、あまり食べてないのに太る・・ということがあります。

また、ダイエット中と同じような厳しい食事制限をずっと続けていくというのはとても難しいことです。

無理に量を減らすのではなく、栄養を考えたり、食べるものを変える、普段使っているお皿を小さくするなどの工夫で食べ過ぎを防ぐようにしましょう。

体重に関しての日記を付けるのも効果的です。体重が増えたら思い当たることを記入しておきましょう。

何をやって体重が増えてしまったか知ることで、次から気を付ける事ができます。人によって体重が増える理由も様々ですから、自分にとってのNGな生活習慣を見直しましょう。

厳しいダイエットをする前に理由を考えよう

あなたがダイエットをする理由はなんでしょうか?

・健康になりたい
・着たい服がある
・旦那・彼氏の為
・モテたい
・ちやほやされたい
・女友達に自慢したい
・自己満足

などなど、様々な理由がありますよね。

考え方はそれぞれですから、そんな理由でダイエットするべきじゃない!とは言いません。

仮にモデル体重を目指すなら健康にはかなり気を付けないと、倒れてしまう何てことになるかもしれません。

拒食症で亡くなってしまう例もあり、BMI18未満のモデルはファッションショーの出演を禁止している国もあります。

果たして体調を壊してまでダイエットするべきなのでしょうか。

体を壊しても困るのは自分だけだし、とか思っていませんか?

あなたが体を壊すことで一緒に仕事している人も家族や友人も心配したり、仕事の負担が増えます。

無人島で1人で生活しているわけではないのですから、決して無理はしないことです。

厳しいダイエットをするのなら、しっかり健康に気を付けて取り組めるようにスケジュールを作るなど、努力を怠らないようにしましょう。

あくまで自分の為にする事が殆どです。周りに迷惑がかからないようにダイエットに励むようにしましょう。

男性は決して細い方がいいわけではない

今では広く認知されていますね。

「男性の好きな女性の体型は?」といったアンケートでは「標準」が一番人気といった結果もあります。

160cmで53.3㎏程度で十分だと言う事です。ぽっちゃり好きな男性も非常に多く、細くて健康的じゃない女性より標準~ぽっちゃりで健康的な女性を好む男性は多くいます。

体型だけでモテる、モテないというのが決まるわけではありませんし、痩せている方がモテるというわけでもありません。

決して細い人がモテないということではありませんし、男性それぞれの好みの問題なので、気になっている人にそれとなく聞いてみるといいですよ。意外とすんなり教えてくれるものです。

無理なダイエットをする前に本当に必要なダイエットなのか考えて行動しましょう。