バナナ酢は腸内環境改善や美肌に効果的!美味しくダイエット!

バナナ酢

果物を使ったビネガー(果実酢)には色々な種類があります。

お店では少々値段も高く、場所によっては売っていないことも多いです。

今回紹介する「バナナ酢」は安価で簡単に手作り可能で、「腸内環境改善」「美肌効果」「ダイエット」などに効果的と言われています。

1年を通して買うことができるバナナは習慣的にも使いやすい果物としてもおすすめです。

ここではバナナ酢の作り方やどのような効果に期待できるのか紹介していきます。

バナナ酢の効果

バナナにはセルロースやペクチンなどの食物繊維が豊富に含まれているため、便秘にも効果的で、オリゴ糖は大腸の調子を整える善玉菌のビフィズス菌を増やしてくれます。

そのため、腸内環境が改善されて腸の働きが活性化することで便通を促してくれます。

また、カリウムも豊富に含んでいます。カリウムはナトリウムの排出を促し、血圧を下げる効果があります。

更にカリウムには利尿作用もあるのでむくみの解消にも繋がります。

にはカルシウムの吸収を促す働きもあり、骨粗鬆症の予防にも適しています。

他にも食欲を抑制するフェニルアラニンやバリン、体重減少を促進するリジンやメチオニンといったアミノ酸が豊富に含まれています。

これらの機能成分により、バナナ酢は「腸内環境改善」「美肌」「ダイエット」といった効果を高めてくれます。

何よりも1年を通して手に入るバナナと酢は、美味しくて財布にも優しいので継続して続けやすいメリットがあるのが嬉しいですね。

バナナ酢の作り方・飲み方・保存方法

バナナ酢の材料

・バナナ:100g
中くらいのバナナ1本程度
・酢:200cc
リンゴ酢や米酢、玄米酢、黒酢などお好みで
・砂糖:100g
氷砂糖や黒糖、上白糖、グラニュー糖、ハチミツなどお好みで

ただし、氷砂糖以外は沈殿することがあるので定期的に混ぜるようにしましょう。

バナナ酢の作りか方

1.バナナの皮をむいて2cm程の幅で輪切り

2.煮沸消毒をした耐熱性の広口瓶に砂糖とバナナ、酢を入れる

3.蓋やラップはせず、電子レンジで500wで40秒加熱

4.電子レンジから取り出したら蓋をして常温で1日置く

以上でバナナ酢が作れます。

バナナ酢の保存方法

完成したバナナ酢は1年間保存可能とされています。気をつけることは殆どありませんが、温度が高い日は冷蔵庫にいれるようにしましょう。

しかし、蓋を開け閉めすることで雑菌がどうしても入るので1ヶ月程度で飲みきるようにしましょう。

また、バナナは腐ることがあるので1週間程度で取り出すようにしてください。もし腐ってしまったら処分してください。

バナナ酢の飲み方

完成したバナナ酢のバナナは食べることもできます。

バナナ酢は甘いため、ヨーグルトと合わせと美味しく食べることができます。バナナもトッピングしやすく、ヨーグルト自体も健康や美容に効果的でおすすめです。

バナナ酢は非常に飲みやすいのですが、酢は大量に摂取すると胃を痛めてしまうことがあるため、1日大さじ2〜3杯程度にしましょう。

また、バナナ酢はそのまま飲むもよし、水や牛乳と混ぜて飲んでも美味しいです。

水などに混ぜて飲む場合は大体350mlに大さじ2杯程度のバナナ酢を目安にしましょう。

水筒に入れて持ち歩くことで仕事中に飲むこともでき、バナナ酢の疲労回復効果で1日元気に過ごしやすくなります。